小規模な薬局でもM&Aをすることは可能なのか?

薬局を経営されている方の中には、親族や現在働いている方の中から事業継承することが難しく、M&Aを検討されているという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、M&Aというとどうしても中規模の薬局に対して行われるイメージがあり、1店舗で個人経営の小規模な薬局では相手にされないのではないかとイメージされるのではないでしょうか?

今回は、小規模な薬局でもM&Aを行うことはできるのかどうか、ご紹介していきます。

個人経営の薬局の事業継承やM&Aを行いたいと考えている経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

企業のM&Aでは、小規模案件は人気がない?

上記で紹介したように、M&Aのイメージというと中規模程度の企業に対して行われることを思い浮かべます。

なぜ、多くの人がこのようなイメージを抱いてしまっているのかというと、企業で行われているM&Aでは実際に小規模な案件に対してはあまり人気がなく、大手企業も手が出しにくくなっているという点が挙げられます。

なぜ企業のM&Aでは、小規模案件は人気がないのでしょうか?

まず、M&Aを開始しようとする際には仲介してくれる業者もしくはM&Aのアドバイザーなどに依頼することになります。

その後、業者から適切な譲渡先を見つけてもらい、基本合意書を締結、さらにデューデリジェンス(企業の価値・リスクを把握するために行われる審査のようなもの)を経て最終条件の交渉、取引に移ります。

お互いに合意されればM&Aの成立となるのです。

この流れがスムーズに進めば良いのですが、小規模の企業になるとまず譲渡先を見つけることが大変な作業になってきます。

小規模案件はどうしても資金力が足りないため、もしM&Aが成立したとしても大規模企業は本当にこの会社を吸収したところで、市場を拡大したり競争力をアップさせたりすることはできるのか、と考えます。

そのため小規模企業はM&Aでも人気がないのです。

また、そもそもM&Aを行うにはかなりの時間と手間を要します。

その時間と手間を省いてくれるのが仲介業者であったり、アドバイザーなのですが、依頼するにも費用がかかってしまいますし、元々資金力が不足している小規模企業ではあまりコストを掛けたくないというのが本音でしょう。

そこで経営者自らがM&Aに向けて譲渡先を見つけようとしますが、かなり難しく結果的にM&Aができずに倒産してしまうという流れになるケースが多いのです。

小規模な薬局ではM&Aを行うことはできるのか?

上記はあくまでも企業間でのM&Aについて解説しましたが、薬局M&Aになるとどうなるのでしょう?

小規模な薬局でもM&Aを行うことはできるのでしょうか?

結論から言えば小規模な薬局でもM&Aを実施することはできます。

しかも、企業のM&Aに比べて遥かに行いやすい環境となっています。

なぜ、小規模な薬局でもM&Aを実施できるのかというと、まず新規エリアでのマーケットを開拓する際の作業工程を効率的にしたいという点が挙げられます。

例えば、東京を中心にシェアを拡大させている大手の薬局チェーン会社があったとします。

東京以外のエリアにも進出しようと考えた場合、新しく出店するためのリサーチを行わなくてはなりません。

リサーチを行わないと、実際の利用客を確保することができず、店舗が潰れてしまう可能性もあるのでリサーチはかなり慎重に行われます。

しかし、このリサーチは時間や手間、コストがかかり、その間にも他の薬局チェーン店がどんどん店舗エリアの拡大を行っている状況なので、会社としては一刻も早く薬局を開業したいと考えているのです。

時間や手間、コストを何とか削減しつつ手早く薬局を開業したいと考える大手薬局チェーン店が行っているのが、薬局M&Aとなります。

M&Aなら経営者と何度か話し合い、その薬局のデューデリジェンスを行うだけで良いですし、エリアの新規開拓をする上で行われるマーケティング調査にかかる費用の多くを節約することができます。

また、新規店舗を出店するとなると、新しく人材を雇う必要があります。

現在、地域によっては薬剤師が不足している状態だと言われており、新規出店するエリアも薬剤師が不足していることも考えられます。

店舗は作ったのに、雇えるスタッフがいないとなるといつまで経っても開業できません。

しかも、新しく人を集めるために採用活動を実施するにもコストがかかってきます。

薬局M&Aだと働いている人もそのまま引き継げるので新たに採用活動を行う必要もないのです。

薬局M&Aのマッチングサイトはなぜ利用した方が良いのか?

薬局M&Aでは小規模でも可能だということが分かりましたが、それでも自ら行っていくことは難しいと言えます。

そんな時におすすめなのが薬局M&Aでマッチングをサポートしてくれるサイトです。

マッチングサイトを利用した方が良い理由にはどんなものが挙げられるのでしょうか?

・自らが希望するM&Aの相手を見つけられる

仲介業者の中には薬局側にとっても適した会社を紹介してくれるところと、仲介業者の都合で紹介されてしまう場合があります。

マッチングサイトには既にM&Aを希望している会社や、個人の薬剤師で事業継承をしたいと考えている方の情報が掲載されているため、自分自身で希望するM&Aの相手が見つけられるでしょう。

この場合、最初から希望に合う会社や個人との交渉になるため、通常のM&A交渉にかかる時間や手間を省くこともできます。

・色んなところから声を掛けてもらえる可能性がある

マッチングサイトはM&Aを希望する会社や個人薬剤師だけではなく、自身の薬局情報を掲載し、M&Aをしてもらえるところから声が掛かるのを待つこともできます。

直接交渉となりますが、複数の相手から声を掛けてもらえる可能性が高く、それぞれを比較することもできるでしょう。

比較してより良い条件のところを選び、M&A交渉を進めていけば、自身が希望していた条件よりもさらに好条件で話が進む可能性も考えられます。

このように、薬局M&Aのマッチングサイトを利用することで様々なメリットが得られるのです。

小規模な薬局でもM&Aを目指すなら、アテック&ファーママーケットを活用しましょう

現在、薬局業界ではM&A市場が非常に活発化しており、小規模な薬局でもM&Aに成功するケースは多くなっています。

ただ、いくら市場が活発でも何のサポートも受けずM&Aを実行するのはかなり難しいことです。

そこでおすすめしたいのは、長年薬局M&Aのサポートを実施してきた「アテック」と、そのアテックが運営している薬局M&Aマッチングサイトの「ファーママーケット」です。

アテックでは薬局経営者にとって理想的なM&Aになるように交渉を進めていきます。

仲介手数料は全てM&Aを実施する会社から得ているので、薬局経営者が支払うものはありません。

つまり、無料で薬局M&Aのサポートが受けられることになります。

また、アテックでは調剤薬局のM&Aに特化しているため、薬局の現場や業界事情なども把握しており、薬局経営者にとっても心強いサポーターとなってくれることでしょう。

アテックの薬局M&Aマッチングサイトであるファーママーケットは、気軽にM&A先を探せるサイトとなっています。

本格的に探しているという方はもちろん、まだ薬局M&Aを実施しようか迷っていて、どのような条件で出ているのか見てみたいという方にも参考にしやすいサイトだと言えるでしょう。

一般的な企業とは異なり、薬局M&Aなら小規模でも問題はありません。

ぜひアテックやファーママーケットを活用し、理想的なM&Aを行いましょう。