薬局経営を引退したい。でも誰に譲ればいいの?

薬局オーナーとして経営を支えてきた方が引退を考えるとき、その譲り先としてはどのような方を思い浮かべるでしょうか?

また、引退を考えるきっかけはどのようなものでしょうか?

近年、薬局運営などの業態では、引退を考えているオーナーが少なくありません。

そこで今回は、薬局経営において引退を考えるオーナーの理由や譲り先をどのように考えるかなど、詳しく紹介していきましょう。

1.薬局経営において引退を考える経営者が多い理由

現在、薬局のオーナーで引退を考えているケースは少なくありません。

その1つの理由が、少子高齢化の影響です。

薬局業態がスタートして以降、数多くの薬局において、経営者の平均年齢が定年を超えていると言われています。

薬局を経営していく上で、患者さんにとって利用しやすい薬局であるかどうかは大切な姿勢であり、利用しやすく、薬に関していつでも気軽に相談できる店舗になっているか、オーナーは常に考えていることでしょう。

しかし、調剤報酬の大幅な見直しや、大手チェーン店の台頭に伴う経営環境の変化、かかりつけ薬局業務導入、医療介護分野のICT化などの制度面の変化によって、薬局経営は大きな転換期を迎えていると言われているのです。

厚生労働省は、患者のための薬局ビジョンを策定しており、薬局再編の流れを打ち出しています。

これは、患者本位の医薬分業を実現することを目的に、薬局・薬剤師は服薬情報の継続的把握や24時間対応、医療機関との連携などの機能を持つべきとしています。

しかし、競争力の乏しい中小規模の薬局は、収益を確保することが難しくなってきているのです。

患者のための薬局ビジョンにおいても、質の高い医療・介護体制の維持のために超高齢化社会へ対応していこうとしています。

しかし、薬局の経営難やオーナーの定年など、様々な理由で経営者が引退を考えているケースが年々増えているのです。

2.薬局の譲り先を考える場合

では、安心して後継者に任せるためには、その譲り先をしっかりと見極めなければなりません。

しかし、薬局のオーナーが引退するということは決して簡単ではありません。

患者さんや医療関係者、従業員などの責任を負っている経営者だからこそ、引退したくても引退できないケースが多いのです。

これまでは、家族や親族経営などの薬局もあり、後継者には親族をと考えていたオーナーも少なくありませんでした。

しかし、企業に勤めるサラリーマンは増加している近年では、家族や親族に後を継がせるという選択肢は薄れてきています。

また、従業員に引き継いでもらうということも、高い向上心を持っている方でなければ任せにくいのが実態です。

結果的に後継者に悩み、引退できずにいるオーナーは非常に多いのです。

その一方で、薬局を継ぎたい・購入したい経営者または経営者希望の方が増えているのも事実です。

薬局分業の流れの中で、薬局チェーン店が多店舗展開のスピード加速を考えて買収を検討している経営者や、オーナーとして独立したいと考えている薬剤師は多くいます。

しかし、需要に反映して薬局の譲渡価格は上昇傾向にあると言われています。

具体的には、10年前と比較しても、譲渡価格はだいたい3~5割ほど上昇しているのです。

薬局経営の厳しい環境下の中で競争していくためには、新たに店舗を作るよりも、既存の店舗を利用した方が有利だとされています。

そのため、すでに医療機関や患者さんと密な関係を築いている古くからある薬局は人気となっているのです。

だからこそ、薬局経営で引退を考えている場合、引退したいオーナーと後継者をつなぐことが重要視されています。

様々な理由で薬局を引退しようと考えた場合、引退希望のオーナーと後継者希望をつなぐ薬局M&Aを選択するのも1つの方法です。

薬局M&Aは、薬局専門M&Aの仲介会社が、複数の譲受希望者の中から最適な後継者をマッチングして薬局を承継するという仕組みです。

引退希望のオーナーにとって、複数の譲受希望者の中からビジネス要件に沿えるような後継者を選択できるため、引退に向けて準備していくことができます。

薬局M&Aは、薬局経営から引退したいオーナーと後継者希望者をつなぐために近年注目されてきているのです。

3.薬局M&Aのメリットはこんなに

薬局M&Aは、簡単に言うと薬局の売買です。

しかし、引退希望者も譲受希望者も、企業の存続や発展のための手段として考えていることは同じです。

では、薬局M&Aのメリットとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

【事業承継問題解決】

まずは、事業承継問題をしっかりと解決できるという点です。

現在、局業界で後継者不足が大きな問題となっています。

引退を考えるオーナーにとっても、後継者不足を懸念し事業承継ができないといった事態になることは多いです。

しかし、薬局M&Aで引退希望者と後継者とつなぐことにより、そういった事業承継の問題が解決できるのです。

【経営者利潤の確保】

総利益から税金と人件費などの諸経費を差し引いたものが経営者利潤ですが、この取得には株式公開や精算、M&Aとがあります。

しかし、株式公開には厳しい審査の通過が困難で、精算についても業務の中止や会社の法人格を無くす手続きはスムーズにはいきません。

M&Aを選択すると、株式譲渡という形が一般的となるため、売却部分から2割を減額した部分が手元に残るのです。

そもそもM&Aは会社の売却なので、得られる資金として考えると特にメリットが多くなります。

【資金調達力向上】

譲受希望者の世間的な信頼度が高ければ、M&Aで譲受企業の子会社となることで信頼度アップも期待できます。

そうなれば、金融機関からの資金調達が容易となったり、譲受希望者からも融資を受けられるようになることで、事業拡大のチャンスも与えられるでしょう。

4.薬局M&Aにはアテック・ファーママーケットがオススメ

薬局M&Aを利用するにあたり、注意しなければならないこともあります。

それは、M&Aが成立して行われる引き継ぎなどのプロセスの中で、従業員の困惑や不安をいかに解消できるかどうかです。

譲受希望者も、譲渡希望者の文化や風土を理解しておく必要があります。

また、地元で開業している医師とのつながりがある場合には、医師の理解が得られないこともあるでしょう。

地域文化の特徴やつながりを大切にすることを前提に進めていく必要があります。

こうした注意点を解決するためには、理想の譲受希望者を見つけることが大切です。

薬局M&Aのメリットは多いですが、しっかりと譲受希望者を探すことも必要不可欠なのです。

薬局経営の引退を考えたら、まずは薬局M&Aを上手く進めるための仲介業者を見極めて選択しなければなりません。

そこでオススメなのが、株式会社アテックやファーママーケットです。

アテックは創業以来、日本で初めて薬局M&A仲介会社として数々のサポートを行ってきています。

アテックは、引退希望者にハッピーリタイアしてもらえるようにとオーナーの思いと理念をしっかりと引き継いでもらえるような譲受希望者を提案し、進めていきます。

また、ファーママーケットは、薬局引退希望者と独立を検討している薬剤師または経営者のマッチングを行うことができます。

薬局M&Aを進めていく上で、数多くの実績があるアテック・ファーママーケットを活用することは、事業承継の成否に大きく影響するのではないでしょうか?

薬局経営を引退したいオーナーが、譲り先をどのように選べば良いのかわからないという事態に陥ることは少なくないでしょう。

薬局M&Aは、そんな薬局のオーナーが円滑に事業承継を進めていくための1つの方法です。

また、薬局M&Aの仲介会社を活用することも、いかに融和に引き継ぎを進めていけるかに影響してきます。

実績のあるアテックやファーママーケットは、オーナーにとっても心強いパートナーになってくれるに違いありません。