開業したい薬剤師が事業継承してくれる調剤薬局を探す方法とは?

調剤薬局で働く薬剤師の中には、将来開業して調剤薬局を経営することを目標にしている方は少なくないでしょう。

しかし、新しい調剤薬局を開業するためには建物や従業員の確保などが必要であり、調剤薬局を利用してくれる方々の集客も必要であり、開業は容易に行えるものではありません。

そこで注目されているのが薬局M&Aによる事業継承で、開業を目指す薬剤師も薬局M&Aを通じて独立している人が増えています。

事業継承により開業したいと思っている薬剤師は、どうやって事業継承を希望する調剤薬局を探したらいいのか、探し方をご紹介していきましょう。

薬剤師の独立にも活用できる薬局M&A

個人経営の調剤薬局は事業の後継者がいないことで、廃業を考えるところも少なくありません。

しかし、廃業にも多額のコストがかかり、従業員も職を失うことになるので薬局オーナーとしては避けたい事態です。

廃業を回避するために、薬局M&Aを検討する調剤薬局のオーナーは増えています。

薬局M&Aは経営している調剤薬局や個人や企業に買収してもらうことで、事業継承を希望する人や既存の薬局を買収して事業を拡大させたい人を中心に行われています。

また、薬局オーナーや企業だけではなく、自分の調剤薬局を開業したいと独立を望む薬剤師にも求められているのです。

通常なら店舗や従業員を確保して経営が行われますが、既存の調剤薬局を事業継承することで店舗や設備、従業員は最初から揃った状態であり、薬局を利用する顧客も確保できた状態なのでスムーズに独立することができます。

一から開業することが難しい薬剤師も薬局M&Aを活用すれば、無理なく薬局オーナーになることが可能です。

薬剤師が事業継承を望む調剤薬局を探す方法とは?

事業継承で独立を目指す場合、薬局M&Aを検討している調剤薬局を探す必要がありますが、どうやって案件を探せばいいのか分からない方がほとんどでしょう。

広い人脈を持っている方であれば、その人脈の中から事業継承の候補者を探している薬局オーナーと交渉する方法はありますが、都合良く見つかるとは限りません。

もし見つけてもお互いの条件が合わないと薬局M&Aの成立は難しく、場合によっては互いの関係が悪くなることも懸念されます。

お互い条件に納得できるマッチングを望む場合は、M&AのマッチングサービスやM&Aマッチングサイトを活用してみましょう。

M&AマッチングサービスはM&Aや事業継承、経営の知識を持つ専門家がM&Aの仲介を行い、また互いの条件に基づいて交渉を行ってくれるのでスムーズに事業継承することは可能です。

基本的に自分で探す必要はないので効率良く薬局M&A案件を探すことができ、専門家のアドバイスを受けながら交渉していくので個人での交渉よりもトラブルが起きにくく、不安を解消しながら事業継承できるメリットがあります。

また、M&Aマッチングサイトなら求人サイトのように薬局の売買案件が提示されており、住所や経営状態などを把握した上で売りに出している調剤薬局を探すことが可能です。

薬剤師側も購入を希望の案件を出すことができるので、薬局M&Aを希望する調剤薬局のオーナーからアプローチが来ることもあるでしょう。

個人で探すことは難しいのでM&AマッチングサービスやM&Aマッチングサイトを活用して探してみてください。

薬局専門のM&Aマッチングサービスやサイトを利用しよう

M&Aは薬局だけではなく一般企業でも頻繁に行われているため、調剤薬局の場合は一般的なM&AマッチングサービスやM&Aマッチングサイトではなく、薬局専門のサービスを利用するようにしましょう。

薬局は一般企業よりも専門的な知識が必要となるため、業界に精通した専門家のアドバイスを受けた方が良いと考えます。

M&Aに詳しくても業界に詳しくないと交渉が妥当であるか判断が難しくなり、思わぬところでトラブルが起きてしまうこともあるでしょう。

薬局専用のM&Aマッチングなら効率良く条件に合った案件を見つけ出すことができ、業界や対象の調剤薬局の情報を教えてもらえるので、安心して事業継承に踏み込むことができます。

薬剤師が薬局M&A案件を探すならファーママーケットがおすすめ

薬局M&Aのマッチングサイトをお探しの方は「ファーママーケット」がおすすめです。

ファーママーケットは薬局M&A仲介の実績が700件以上の「アテック」が運営している薬局M&Aのマッチングサイトで、売り手と買い手の両案件を探すことができます。

アテックは創業から20年以上調剤薬局のM&A仲介を行っており、今まで調剤薬局オーナーの理想を実現化するために事業を取り組んでおり、仲介を通じて独立を果たしている薬剤師は少なくありません。

薬剤師がファーママーケットで案件を探すには、サイトに掲載された売却希望案件に問い合わせるか、匿名で購入希望を掲載して薬局オーナーからのアプローチを待つ方法の2つがあります。

掲載されている売却希望案件を探す場合、「売却希望者一覧」から案件を表示でき、そこには住所や案件、年間の処方箋枚数、売上高、技術量、従業員数、そのた条件や補足が掲載されているので、薬局の経営状態を確認した上で問い合わせることが可能です。

購入希望を掲載する場合は開業の希望地と総予算を提示できるので、条件を受け入れてくれる薬局オーナーから問い合わせを待つ形になります。

マッチングサイトなので交渉は個人同士となりますが、薬局M&Aで事業継承したい調剤薬局が見つからないと悩む薬剤師が気軽に案件を探せるサイトなので、案件を探す際は活用してみましょう。

薬局M&Aは専門家がいた方がいい

ファーママーケットのような薬局M&Aマッチングサイトを活用すれば気軽にM&A案件を探すことができますが、欠点はアテックのような専門家の仲介はなく、全て個人で行う必要があることです。

専門的な知識や交渉に効果的なアプローチをかけるために、個人でM&Aアドバイザーやコンサルタントなどの専門家を雇うことがほとんどでしょう。

専門家にお願いすることで交渉の成功率は上がりますが、能力にバラつきがあるので専門家は慎重に選ぶ必要があります。

また、専門家をつける時は失礼やトラブルがないように、交渉する調剤薬局オーナーの了承を取るようにしてください。

アテックは独立を目指す薬剤師を応援

アテックのグループ会社では開業を目指す薬剤師に向けて独立支援サービスを提供しています。

そのサービスは独立に興味がある段階の人をはじめ、独立する意思はあるけど何を初めていいか分からない人、早く独立するために経営ノウハウを身に付けたい人など、様々なニーズに合わせて登録できるコースを用意しています。

本格的に独立を目指す段階になるとアテックに持ち込まれた薬局M&Aの希望案件を通じてマッチングが行われるので、効率よく開業の準備を進めることが可能です。

仲介や交渉は専門家がサポートし、さらに開業後の経営相談に対応しているので安心して調剤薬局オーナーになることができます。

不足していた時代と比べて近年は薬剤師の数がどんどん増加しており、雇用に不安があることから独立という道を選ぶ人もいます。

ご紹介したアテックやファーママーケットには調剤薬局の売却を希望する人が多く集まっているので、事業継承でスムーズに調剤薬局のオーナーに転身することが可能です。

また、アテックのグループ会社では薬剤師の独立支援サービスを展開しているので、個人でのM&Aを行うことに不安がある方や経営ノウハウを身に付けたい方は独立支援サービスを活用して調剤薬局のオーナーを目指してみましょう。