【薬局経営】事業継承をする後継者探しをいつごろからはじめるべき?

近年、調剤薬局業界は転換期を迎えており、薬局M&Aや事業継承を考えている薬局経営者も増えています。

しかし、事業継承をするために重要となる後継者探しは具体的にいつ頃始めたら良いのかわからず、不安に感じている方もいることでしょう。

そこで、今回は後継者探しを始めるのに最適なタイミングについてご紹介します。

後継者探しは遅くても50代までに

実際に、薬局経営者が事業継承や後継者探しを考えたときには、いつまでに行う必要があるのでしょうか?

調剤薬局の経営者層は高齢化が進んでおり、後継者となる人材不足についても大きな問題となっています。

それは調剤薬局に留まらず、医療・介護の業界も同様です。

しかし、実際には日頃の事業運営にで忙しく、後継者探しをしたくてもなかなかできないといったケースも少なくありません。

調剤薬局経営者が、後継者を意識し始める年齢として最も多いのは50代です。

50代未満の経営者であっても、3人に1人の割合で後継者について意識し始めていることがわかっており、特に小規模・中規模の薬局経営者が意識を持っています。

ただ、後継者の目途を付け、後継者と契約を交わし事業承継までに至るという流れは、決して簡単なことではありません。

事業継承で後継者を検討している間に事業が衰退化してしまうことも考えられますし、薬局経営者自身が健康問題を抱える可能性もあります。

そうして考えると、後継者探しは元気なうちに、早ければ早いほど良いと感じることができるのではないでしょうか?

「早すぎる」が最適なタイミング

薬局経営者の中には、65歳、70歳などと具体的な年齢を考え、それまでに準備を始めたいとしている方もいることでしょう。

しかし、調剤薬局の事業継承は、前述したように早ければ早いほど良いと言われています。

まだ何とかなる・あと何年大丈夫と経営者自身が過信してしまって後継者探しを遅くしてしまえば、その分どうしようもなくなってしまうこともあるでしょう。

急いで譲渡を決めても、満足のいく事業継承を実現できないかもしれません。

薬局の事業継承において大切なのは、後継者となる「承継相手の選定」です。

時間的に余裕があれば、承継相手が信頼できる相手かどうか時間をかけて見極めることができます。

後継者を時間をかけて探すことは、事業継承を満足のいくものにするために非常に大切なことです。

時間がなく、早急に後継者を決めてしまった場合、お互いの方針や考えに相違が生まれたり、引き継ぎが思うように進まないといったケースも考えられます。

焦って相手を探してしまったことで、患者さんにも迷惑をかけてしまう可能性もあるでしょう。

いかに信頼できる後継者を見つけられるかが、事業継承の大きなポイントなのです。

できるだけ時間をかけて後継者を探すには、「早すぎるかも」と感じるタイミングがベストと言えるでしょう。

親族や従業員への承継は難しい

薬局経営者の中には、親族や従業員に承継したいと考えている方も多いです。

以前は、そういった考えや方針に承諾し、親族または従業員が引き継ぐということもありました。

しかし、近年では親族が地元を離れて暮らしたり、親族間での折り合いが合わないことも少なくありません。

また、従業員は経営者として働くことを望んでいない場合も多いです。

そのため、結果的に親族・従業員などの関係者から後継者を見つけて承継するのは非常に難しい時代となっているのです。

後継者が見つからなければ、仕方なく廃業を選択する薬局経営者もいます。

廃業になってしまえば、そこで働く従業員はもちろん、最寄りの医療機関や患者さんにも大きな影響が出ます。

後継者選びが思うようにいかないからと言って諦めず、スムーズに満足のいく事業継承ができるよう取り組むことが大切なのです。

薬局M&Aは時間をかけて進めていく

薬局経営者の中で、後継者問題から薬局M&Aを利用する方は増えていることを冒頭でも触れました。

その理由は、多くのメリットを得ることができるからです。

【薬局M&Aのメリット】

・資産を利用価値と判断される

事業継承が成立することでその事業活動に必要な資産として評価されるため、薬局経営を続けることができます。

・従業員雇用が維持される

これまで一緒に働いてきた従業員や薬剤師も、そのまま働き続けることができます。

雇用を維持することができるのは、薬局M&Aの魅力と言えるでしょう。

・取引先との関係も継続される

お互いの方針や考えによっても変わってきますが、基本的には取引先との関係も継続される可能性が高く、医療機関や患者さんに影響も少なくなります。

このように、薬局M&Aのメリットは経営者にとって大きなポイントとなるのではないでしょうか?

特に、従業員のことを考えて友好的な薬局M&Aを利用する経営者は増えてきているのです。

薬局M&Aは、経営者が大切にしてきた薬局がより良い形で引き継がれ繁栄していくために経営方針や考え方、経営者の人柄もしっかり確認することができます。

事業継承するにあたって大切なのは譲渡金額だけではありません。

もちろん、譲渡金額が高く評価されれば達成感も得られますし、老後資金の心配も解消されるでしょう。

しかし、もしその後店舗が立て直されたり、自分の形跡がすぐになくなってしまったら、どう感じるでしょうか?

薬局経営者にとって、自分が経営してきた事業が育ち続けていくことは大切な願いでもあります。

薬局M&Aを利用することで、時間をかけて承継相手選定することができ、満足のいく事業継承ができるのです。

後継者探しにはアテック・ファーママーケット

薬局M&Aの仲介を行ってくれる会社は多数ありますが、アテックは日本で初めて調剤薬局のM&A仲介会社として創業した歴史と信頼のある会社です。

経営技術総合支援企業として、薬局を承継したい経営者と承継相手となる経営者とのマッチングも行っています。

アテックは経営者がこれまで積み上げてきた歴史を塗り替えられえることがないよう、薬局経営を総合的に支援することを大切にしており、そういった歴史や現場を無視した案件は断っているのも大きな特徴です。

時間をかけてマッチングしてくれるので、信頼できる承継相手を見極めることができるでしょう。

アテックは、薬局事業の継続・発展を具現化するべく細かく丁寧にサポートしてくれます。

薬局経営者の考えや方針を受け止め、サポートしれくれるアテックは、薬局M&Aを成功させるために利用したい会社と言えるでしょう。

また、ファーママーケットは薬局経営者と承継相手とをマッチングできるウェブサイトです。

アテックが運営するマッチングサイトでもあり、設立以来数多くのマッチングを行ってきています。

薬局経営者が自ら承継相手を見極めることができるため、事業継承を考えている方にとって非常に役立つサイトと言えます。

そんなファーママーケットの運営も行っているアテックは、複数の承継希望者を紹介してくれることも多いです。

薬局経営者にとって、候補者を比較して選ぶことができるというのも、アテックの魅力です。

より満足のいく事業継承をするために、薬局M&Aを利用しようと考えている経営者は、アテックやファーママーケットを検討してみてはいかがでしょうか?

薬局M&Aにおいて、後継者探しにおけるポイントや、薬局M&Aで重要な事柄なども幅広く丁寧に教えてもらうこともできます。

従業員や患者さんに、良い形で薬局を残すためにも、アテックやファーママーケットに相談してみてください。