薬剤師が調剤薬局を開業・事業承継する前に知っておきたいこと

現在、調剤薬局に勤務している薬剤師の中にも、いつかは独立して開業や事業承継をしたいと考えている方は多いでしょう。

しかし、開業や事業承継をするためには、準備をしなければいけないことや知っておいた方が良いことなどがたくさんあります。

そこで今回は、薬剤師が調剤薬局を開業や事業承継する場合に知っておきたいことをご紹介しましょう。

薬剤師が調剤薬局を開業や事業承継する前にやっておくべきことは?

調剤薬局の開業に限ったことではありませんが、薬剤師が調剤薬局を開業・事業承継する前にやらなければいけないことはたくさんあります。

ここでは、その中でも特に重要なものをピックアップして紹介していきます。

・医療に関する知識を身に付けておく

調剤薬局の開業や事業承継を考えている薬剤師は、医療に関する知識をしっかりと身に付けている必要があります。

また、医療や経済に関する時事情報や、地元の情報なども知っておいた方が良いでしょう。

もしも、医師が開業するクリニックと一緒に開業するのであれば、診療科に関する知識や良く処方される薬についてもきちんと把握し、医師とすり合わせておくことが大切です。

医療用語などで分からないものがある場合は、医師に確認し診療科に関する知識を深めておきましょう。

これは、門前の調剤薬局を開業し、円滑なコミュニケーションを取るためには必要なことです。

もちろん、薬剤師としての専門知識も必要です。

ジェネリックの特性や代替の薬について、妊婦でも安全に服用できる薬などについての知識が薬剤師の専門知識に含まれます。

聞かれたことにすぐ答えられる薬剤師は信頼されやすいので、開業も成功する可能性が高くなります。

・診療報酬についてきちんと把握する

調剤薬局の利益がどのようになっているのかを知るには、診療報酬や調剤補修について知ることがポイントになります。

病院で働いている薬剤師はそこまで診療報酬を重要視していませんが、調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師にとって診療報酬はとても重要なものです。

現在2年ごとに変わっているので知っておく必要があります。

薬局を経営する場合も、診療報酬の改定は経営目標を達成するための指標になり、達成できないと調剤薬局の収益は減少してしまう可能性はゼロではありません。

診療報酬に関しては、厚生労働省の文書で確認できます。

しかし、厚生労働省の文書では分かりにくいという方もいるので、そのような場合は診療報酬について分かりやすくまとめたサイトなどを確認してみると良いでしょう。

また、医薬品メーカーなどが資料を提供してくれたり、動向を伝えてくれたりするので、それらを参考にしながら診療報酬について知識を深めていくようにしましょう。

・薬局の経営を維持できる立地かどうかを把握する

調剤薬局の経営を維持するためには、立地も重要です。

調剤薬局の立地を決める時には、周囲にどのような医療機関があるのかなどを把握しなければいけません。

周囲の医療機関が存続するのか、いずれなくなってしまうのかは薬局の存続にも関わってきます。

そのため、リスクを分散させるということも考慮し、門前のクリニックだけではなく他の医療機関の処方箋も取り扱いできるような場所を選定すると良いでしょう。

調剤薬局立地に関する不安を解消するためには、薬局M&Aのアテックや薬局オーナーと薬剤師のマッチングサイト・ファーママーケットを利用してみるのもおすすめです。

・調剤薬局開業のシミュレーションを行う

調剤薬局を開業する前に、毎月どのくらいの純利益が出るのかを把握しておく必要があります。

もしも、借入をして薬局を買い取るのであれば、何年で返済できるのかなどをシミュレーションしておきましょう。

中古の薬局を買い取って開業する場合は、機材も含めて1000万円から開業できるという物件もあります。

しかし、多くの場合は、5000万円以上と高額な予算が必要になる可能性が高くなっています。

そのため、薬局M&Aのアテックが提供してるサービスを利用し、どのような物件があるのかを比較することが大切です。

・開業エリアの薬剤師会について知っておく

調剤薬局を開業する時に、そのエリアの薬剤師会が気になるという方は少なくないでしょう。

薬剤師会には、エリアごとのトップがいるので挨拶やしきたりについて事前にリサーチしておくことをおすすめします。

また、薬剤師会に入るためには入会費や年会費がかかり、それはエリアによって変わってきます。

入会費や年会費が思っていたより高い場合は、経営に影響を与える可能性もあるのでよく考えなければいけません。

薬剤師が調剤薬局を開業・事業承継するメリットやデメリットは?

何か新しいことをスタートさせる時には、メリットやデメリットについても把握しておく必要があります。

薬剤師が調剤薬局を開業・事業承継するメリットやデメリットについてご紹介します。

・薬剤師が調剤薬局を開業・事業承継するメリット

薬剤師が調剤薬局を開業・事業承継するメリットは、年収アップにつながる、自分が理想とする調剤薬局を作れる、自分の都合で休みを調整できるといったものがあります。

薬剤師の資格を持っていれば、調剤薬局の開業や事業継承も夢ではありません。

軌道に乗れば、プライベートを充実させられるでしょう。

信頼できる薬剤師や薬局事務と共に業務を行っていれば、それぞれが休みを取りやすい環境を作ることも可能です。

・薬剤師が調剤薬局を開業や事業承継するデメリット

薬剤師が調剤薬局を開業や事業承継するデメリットは、事業がうまくいかないというリスクがある、責任はすべて自分で負わなければいけない、業務終了後も雑務を1人で行わなければいけないというものがあります。

調剤薬局の開業や事業継承をしても事業がすぐに軌道に乗らず、うまくいかない可能性があります。

そうなると、大きな損失を被ってしまう可能性があるでしょう。

薬剤師が開業・事業承継する前に、メリットはもちろんですがデメリットを把握しておく必要があります。

どんな部分にデメリットがあり、それを改善し経営していくためにはどうすればいいのかをあらかじめ検討しておくようにしましょう。

調剤薬局の開業・事業承継のことならアテックに相談を

薬剤師が調剤薬局を開業や事業承継する際には、ここで紹介したようなポイントやメリット・デメリットを頭に入れておくことが大切です。

それだけではなく、薬剤師の独立支援サービスを行っているアテックの利用も視野に入れておくと良いでしょう。

アテックは、日本初の薬局M&Aコンサルティングサービスを提供した会社です。

そのため、個人案件から法人案件まで幅広い実績を持っています。

開業や事業承継を検討している薬剤師のサポートも充実しているだけではなく、薬局経営を支援するサービスの提供もしているので、心強い味方になります。

また、アテックでは事業承継を検討している薬局のオーナーと独立を検討している薬剤師のマッチングサイト・ファーママーケットの運営も行っています。

このようなことを踏まえると、開業や事業承継を検討している薬剤師は、アテックやファーママーケットのサービスを利用することで、開業や事業承継という目標を早い段階で達成できる可能性が高くなるでしょう。

調剤薬局の開業や事業継承は、自分だけの力では難しい部分もあるので、完全に独立したいのであればアテックやファーママーケットのサービスを活用してみてください。

アテックやファーママーケットのサポートは、経営を維持するためにも必要なものだと実感できます。