調剤薬局の開業コンサルタントは役に立つのか?

現在、薬剤師が働く環境は、変化し始めています。

薬剤師の数は増えていますが、調剤薬局の数は薬剤師の数と比べてみると増えていません。

つまり、これまでは売り手市場でしたが、今では買い手市場へと変化しているということです。

厚生労働省は、現在およそ36万人いる薬剤師が2025年には40万人を超えると予測しています。

しかし、薬剤師の需要は大きく変化しないので、調剤薬局で働けない薬剤師が増えてしまうということになります。

そのような状況が発生すると、薬剤師の中から開業したいという人が出始めるでしょう。薬剤師が開業したいと思った時に、調剤薬局の開業コンサルタントは役に立つのでしょうか?

調剤薬局の開業コンサルタントを利用することで得られるもの

調剤薬局の開業コンサルタントを利用することで、経営に関する知識がない方でも開業するために必要な知識が得られます。

調剤薬局の開業コンサルタントで利用できるコンテンツには、下記の内容が挙げられます。

・薬局の未来を創造すためのヒントや人事評価制度の構築サポート

・専門知識を高めるための研修

・薬剤師が行う業務チェック

・1人のスタッフとして活躍できるように人間力を高める研修

その他にも、他の事業と提携して新たな価値を生み出すためのサポートも調剤薬局の開業コンサルタントは行うので、様々な側面で役立つでしょう。

しかし、調剤薬局の開業は、簡単にできることではありません。

そのため現在の薬剤師としての働き方に何かしら不満を感じているとしても、なかなかアクションを起こせないという人も多いのではないかと予想されます。

そのような時に、おすすめの方法の1つが、既に開業している薬局を引き継ぐという方法です。

個人経営の調剤薬局では後継者を探しているケースが増えているので、薬局オーナーと開業したい薬剤師をつなぐのも開業コンサルタントの仕事です。

薬剤師の開業には様々なスタイルがある

薬局などの機関は、近年様々な形態が増えており、バラエティに富んだものになっています。

その中でも、事前にしっかりとマーケティング調査を行った単独の開業や需要が高まっている医療モールの一部として開業するといった方法が多いと言えます。

特に医療モールは、将来的な需要が高まっていくと予想されるので、今後増えていく開業の形態ではないかと考えられるのです。

薬局も、そのような医療モールに混ざって開業することも可能です。

医療機関の多様化が進む現在、薬剤師の在り方も変化していると前述しました。

その中でも、調剤薬局を開業したいと考える薬剤師が増えています。

調剤薬局は病院やクリニックなどの近くにあることが多く、自分自身で開業することによって、新しい働き方を実現できます。

薬剤師が調剤薬局の開業コンサルタントから受けられるサービス

では、薬剤師の開業において調剤薬局の開業コンサルタントを活用することで、具体的にどのようなサービスを受けられるのかみていきましょう。

1つ目は、ターゲットの絞り込みと顧客の対応です。

的確なマーケティング調査を行うことで、より価値のある調剤薬局するためにはどうすべきなのかを共に考えてくれます。

開業を検討している薬剤師にとって、マーケティング調査は難しいものなので、コンサルタントによるマーケティング調査の結果は薬局の経営に役立ちます。

2つ目は、立地条件だけではなく、ドクターの紹介までしてもらえるということです。

いくら立地条件が良い場所に開業したとしても、ドクターとのつながりがなければ後々苦労してしまう可能性があります。

そのようなリスクを回避するためにも、ドクターの紹介までのトータルサポートをしてくれるのです。

3つ目は、薬局のオーナーとして成功するためのサポートを行うということです。

近年、かかりつけ薬局が求められていることもあり、開業を目指す薬剤師が増えています。

しかし、薬剤師の知識は豊富でも、オーナーとしての知識を持つ人はほとんどいません。そのため、資金面や人事、情報管理といったオーナーとして必要なスキルを身に付けるためのサポートも必要になります。

調剤薬局の開業コンサルタントは、このように開業して軌道に乗せるために必要なノウハウを提供します。

そうすることによって、薬局を開業したいという薬剤師を全面的にサポートしているのです。

調剤薬局の開業コンサルタントと連携して薬局を開業する流れ

調剤薬局の開業コンサルタントに相談することで、薬局開業への第一歩を踏み出します。では、調剤薬局の開業コンサルタントに相談してから実際に開業するまでの流れはどのようになっているのか、解説していきましょう。

㈰相談をする

まずは、調剤薬局の開業コンサルタントに相談をします。

薬局開業に関する知識がほとんどない人であっても、親身に相談に乗ってくれるので気兼ねなく相談できます。

㈪開業の希望を伝える

開業の希望を伝えることで、薬局を開業するために必要な書類などを記入します。

情報提供を受けるだけでも大丈夫なので、開業したいと考えているけどまだ決定はしていないという人でも安心です。

調剤薬局の開業コンサルタントの多くは、無理に開業させるようなことはしません。

㈫案件を紹介してもらう

調剤薬局の開業コンサルタントに案件を紹介してもらうためには、面談が必要になります。

面談では、案件に関する詳しい説明や薬局の開業に関する案内全般、薬局業界の現状について、事業計画書の説明などをこれから開業しようとする薬剤師の立場に立って説明してくれます。

その説明の中で、不安な点や疑問に感じる点があった場合は、開業コンサルタントに尋ねることで解決できるでしょう。

㈬開業するかどうかを決める

調剤薬局の開業コンサルタントに相談をして、様々な説明を受けたとしても、最終的に開業を決めるのは自分自身です。

開業を決めた場合は、物件の契約などを行って開業の準備に取り掛かります。

もしも、開業への決心ができないと思った場合は、次の案件に移行することも可能です。

調剤薬局の開業コンサルタントは、あくまでもサポートをする立場です。

そのため、開業の可否に関しての最終決定はできません。

開業は人生を左右する大きな出来事でもあるので、開業コンサルタントの説明を聞き、良く考えることが大切です。

㈭開業を決めたら準備に取り掛かる

薬局の開業を決心したら、開業のための準備を始めます。

薬局を開業するためには、人や物、資金、スケジュールなど考えなければいけないことがたくさんあります。

それを1人でこなすのはとても大変なことなので、調剤薬局の開業コンサルタントがトータルサポートをしてくれるのです。

アテックなどの薬局M&Aも視野に入れてみる

調剤薬局の開業を検討するときに、前述した調剤薬局の開業コンサルタントからサポートを受けるというのももちろん良いでしょう。

しかし、それ以外にも薬局M&Aを利用するという方法もあります。

薬局M&Aを利用することで、開業する際のネックになりがちな立地探しや集客などをゼロからスタートするという心配がなくなります。

また、場合によっては従業員をそのまま引き継ぐことも可能なので、開業のハードルが下がると言えます。

アテックでは薬局M&Aをサポートし、経営支援も行っている企業です。

長年薬局M&Aをサポートしていることから非常に頼りになる企業と言えます。

また、アテックではファーママーケットというマッチングサイトも運営しているため、そちらから利用してみるのも良いでしょう。

薬剤師の開業を検討する人は増えています。

開業はそう簡単にできることではありませんが、調剤薬局の開業コンサルタントや薬局M&Aを活用することで、理想の調剤薬局を開業させられるでしょう。