薬局M&Aや事業継承というと、皆さんはどのようなイメージを抱きますか?買収などのネガティブなイメージを抱いてしまう方もいますが、事業拡大といったのポジティブなイメージを抱く方もいるでしょう。 しかし、薬局M&Aや事業継承の必要性を考えたことがある方はそう多くありません。そこで今回は、薬局M&Aや事業継承を行う必要性について詳しく見ていくことにしましょう。

■M&Aはなぜ行われるのか?

M&Aは、Merger and Acquisition(合併と買収)を略した言葉で、会社や事業の売買を行うことを意味します。会社自体の発展や永続を目的として行われる経営戦略の1つです。 ニュースではネガティブなM&Aを報じることが多いため、あまり良いイメージを抱かれない戦略となっています。しかし、中小企業で行われているM&Aの多くはポジティブなM&Aです。そのため、M&Aは良くないものだというイメージを払しょくする必要があるでしょう。 M&Aは会社や事業の売買を行うことなので、売り手にとっては出口戦略、買い手にとっては成長戦略だと捉えられます。中小企業が行うM&Aの多くは、株式譲渡と事業譲渡が使い分けられてしますが、どちらも会社自体の発展や永続を目的として行われる経営戦略として大きな意味を持っています。

■薬局M&Aや事業継承はどのような意味を持つのか?

M&Aがどのようなものかについては前述した通りです。では、薬局業界におけるM&Aや事業継承はどのような意味を持っているのでしょうか? 薬局には、調剤薬局や保険薬局などがありますが、その数は年々増えています。今では、コンビニよりも数が多いと言われているほどで、競争率は非常に高くなっています。また、高齢化が進むことによる医療費削減が行われ、薬価の引き下げや駐在報酬の減額などが進められているので、収益がなかなか得られないという現状があるのです。 さらに、少子化や薬学部が6年制へ移行したことで薬剤師不足も加速しています。人件費も高騰していることから、中小の調剤薬局はかなり大きな影響を受けています。 このような状況の中で、事業規模の拡大や人材確保、事業継承に関する問題などが浮き彫りになっています。問題を解決するための方法の1つとしてM&Aを行う薬局は増えているのです。

■薬局M&Aで買収するメリットと売却するメリットとは?

M&Aを検討する薬局が増えているということは、メリットがあるからだと言えます。続いては、薬局M&Aで買収するメリットと売却するメリットについて見ていきましょう。 【薬局M&Aで買収するメリット】 ・人材確保できる 薬局業界における大きな問題は、少子化や薬学部が6年制へ移行したことによる薬剤師不足です。新卒市場や転職市場において、国家資格を保有している薬剤師を確保することは人件費の高騰などが原因で難しくなっています。 しかし、M&Aを行うことによって譲渡企業の人材を受け入れることができます。そのため、効率の良い人材確保ができるというメリットがM&Aをすることで得られるのです。 人材不足は薬局業界に限った問題ではありませんが、国家資格の保有者を確保しなければいけないという点でハードルが高くなっています。そんな薬局業界におけるM&Aは、人材確保というメリットをより感じやすいと言えるでしょう。 ・事業規模を拡大できる 調剤薬局の多くは中小規模なので、調剤報酬が減っている現在、収益を得ることが難しい環境になっています。事業を存続させるためには、事業規模の拡大を目指すことが重要なポイントになります。 M&Aを行うことで、譲渡企業やビジネスの確保もできるため、事業規模の拡大につなげやすくなるのです。つまり、M&Aで薬局を買収することによって、事業規模を拡大するためのコストを削減することができたり、効率的な事業規模の拡大ができたりといったメリットも感じられることになります。 【薬局M&Aで売却するメリット】 ・大手グループに参入することで経営を効率化できる 薬局業界は、小規模の薬局では収益を獲得しにくいという状況になっています。そのため、M&Aで大手グループの傘下に入るケースが増えています。大手グループの傘下に入ることによって、コスト面や管理面における収益獲得力を手に入れられるのです。 大手グループの傘下に入るためのM&Aは増えているため、薬局業界のトレンドになっていると言えるでしょう。ただし、大手グループの傘下に入るためには慎重に進めていく必要があるため、アテックやファーママーケットのような実績のある薬局経営総合支援業者のサポートを受けた方が確実です。 ・後継者問題を解決できる 事業継承を行うためには、後継者の存在が必要不可欠です。会社内や家族の中で後継者を見つけられるのであれば問題はありませんが、それが難しいというケースも少なくありません。 そのような時にも、M&Aを行うメリットを感じられるでしょう。M&Aでは、後継者候補となる人物について精査されているため、求めている条件に近い後継者を見つけられます。そのため、後継者問題を解決へと導くためにもM&Aは重要だと言えるのです。 ・従業員の雇用を確保できる 従業員の雇用を確保することは経営者にとってかなり大きな問題となっています。薬局の存続が危うくなってしまうと、そこで働く薬剤師の雇用にも影響を与えてしまうためです。 M&Aを行うことによって、薬局の譲渡先を見つけることができれば、薬剤師の雇用も継続できます。また、薬局経営から身を引くこともできるため、経営者としての負担をなくすことにもつながるでしょう。

■薬局M&Aで買収するデメリットと売却するデメリットとは?

薬局M&Aでの買収と売却にま魅力的なメリットがありますが、逆にデメリットがあることも覚えておくも必要です。続いては、薬局M&Aで買収するデメリットと売却するデメリットについて見ていきましょう。 【薬局M&Aで買収するデメリット】 ・簿外債務の引き継ぎをしなければいけない 簿外債務は、蚊帳の外にある債務のことで、貸借対照表に計上されていません。M&Aを行う際にアドバイザーや仲介業者からも簿外債務を提示されるケースも多いことから、珍しいものではないと言えるでしょう。 M&Aをすると簿外債務を必然的に引き継ぐことになります。基本的には相手と協議してからM&Aが行われるため、事前に簿外債務がないかを確認しておくことが重要なポイントだと言えます。ただし、事業譲渡を活用することで不要な資本や簿外債務、契約を取り除くこともできるので、状況によっては事業譲渡を検討するケースも考えられるでしょう。 ・薬剤師が離職してしまう可能性がある M&Aによって薬局を買い取るということは、その薬局に勤めている薬剤師も受け入れることになります。しかし、その薬剤師が風土に馴染めずに、離職してしまう可能性もゼロではありません。 勤務している薬剤師の不安を少しでも軽減される対策を取ることができるかどうかによって、M&Aの成功は左右されるでしょう。対策を取らないままM&Aを行ってしまうと、モチベーションが低下してしまう可能性もあり、離職に至らない場合でも業務に支障が出てしまったケースもあります。 【薬局M&Aで売却するデメリット】 ・医師の理解を得られない可能性がある 薬局の中には、地域に根差した経営を行っている薬局もあります。そのような薬局の場合、地元で開業している医師とのつながりを重要視しているケースが多くなっています。そのため、薬局M&Aが成立した後にその地域の文化や特徴を重んじなければいけません。 それを怠ってしまうと医師からの理解を得られない可能性が高くなってしまうのです。医師からの理解が得られないと、薬局の経営にも影響を与えてしまう可能性があるため注意しましょう。 ・売却先探しで失敗してしまう可能性がある 薬局M&Aで売却するデメリットの中には、売却先探しで失敗してしまう可能性があるというものもあります。薬局M&Aによるメリットも前述したようにあるのですが、売却先探しを疎かにしてしまうとトラブルに発展してしまう可能性が高くなってしまうのです。 交渉中や交渉後のトラブルを起こさないためにも、売却先探しはとても重要なポイントになります。場合によっては、薬剤師の雇用や労働条件が変更されてしまうこともあるので、事前にしっかりと話し合える売却先を探すようにしましょう。なかなかそのような売却先に出会うことができない可能性もありますが、失敗するリスクを減らすためには理想の売却先を探さなければいけません。 ・薬剤師が離職してしまう可能性がある 売却する側のデメリットの中にも、薬剤師が離職してしまう可能性があるというものが挙げられます。薬局M&Aで買収するデメリットの中でも紹介したように、勤務している薬剤師の不安を軽減できるような対策を取り、安心して働き続けられるような環境を作ることが重要になるでしょう。 ・仲介業者を挟まないと安い譲渡価格を提示されてしまう可能性がある 薬局M&Aは、仲介業者やアドバイザーを挟んで行われるケースもありますが、そうではないケースもあります。もちろん仲介業者やアドバイザーを挟まなくても実行することはできますが、仲介業者を挟まないと安い譲渡価格を提示されてしまう可能性があることを覚えておかなければいけません。 薬局M&Aを行う場合はお互いが納得する形にしなければいけませんが、後継者問題で悩んでいる薬局は少しでも早く解決したいと焦り、売却先に言いくるめられてしまう可能性もゼロではありません。仲介業者やアドバイザーを挟んでいればそのような事態に陥っても安い譲渡価格で決定されることはほぼ無いでしょう。しかし、仲介業者やアドバイザーを挟んでいない場合は、そのようなデメリットを被ってしまうリスクが大きくなってしまいます。

■薬局M&Aは事業承継問題解決にも有効な手段

薬局M&Aには、ここまでに紹介したようなメリットやデメリットがあります。これらについて知らないまま薬局M&Aを行えば失敗してしまうリスクも高まりますが、きちんと把握した上で行うのであれば事業承継問題解決にとって有効な手段になるでしょう。 地元の医師からの理解を得ることが大前提になりますが、薬局M&Aを考え始めた段階で相談をしていれば理解を得ることは難しくありません。丁寧に話を進めていけば、将来的にも地域から愛され続ける薬局として存続できます。しかし、医師や薬剤師の理解を得られないまま薬局M&Aを進めてしまうと見放されてしまう可能性もあるので、きちんと話し合いの場を設けるようにしましょう。 また、薬局M&Aを行う適切なタイミングもあるため、疑問点は早めに潰していくことが大切です。そのためにも、薬局M&Aの仲介業者やアドバイザーに相談することが重要になります。

■薬局M&Aのことはアテックへの相談がおすすめ

仲介業者の数はとても多いので、迷ってしまうこともあります。そんな時にはぜひアテックに相談してみてください。アテックは数ある薬局M&A仲介会社の中でも特におすすめできる仲介業者です。 アテックでは公正な立場でM&Aを行うことはもちろんですが、調剤薬局のことを熟知しています。薬局M&A仲介会社の中でも正しい知識をもっているので、信頼してお任せできるでしょう。適切なサポートをしてくれるという点もアテックをおすすめする理由の1つです。 アテックが運営するファーママーケットという薬局M&Aマッチングサイトを利用すれば、売り手と買い手双方がメリットを感じられます。お互いの希望を考慮したM&Aを実現できるため、ファーママーケットの利用は魅力的だと言えるでしょう。ファーママーケットには、多くの売却希望と購入希望があるので、理想的なM&Aを行うためにも心強い味方になってくれます。 薬局M&Aを検討しているけれどどこの薬局M&A仲介会社にしようか迷っているのであれば、アテックやマッチングサイトのファーママーケットをぜひ利用してみてください。デメリットやリスクを被ってしまう可能性もある薬局M&Aを成功させるために適切なサポートを行い、売り手と買い手双方の満足度が高いM&Aが行えます。アテックは調剤薬局の現場を十分に熟知しており、登録している事業者も多岐に渡るので理想的な薬局M&Aを実現可能です。事業継承や後継者問題にお悩みの際は、アテックへ相談やファーママーケットで募集をかけてみてはいかがでしょうか?