ここ数年調剤薬局のオーナーの多くは、事業継承をしたいと思っていてもなかなか継承計画を実行することができない悩みを抱える人が多くいます。以前では継承となれば子どもに継がせるのが当たり前でしたが、今はそのようなご時世でもないため様々な継承方法から事業継承を選択できます。 今回は、そんな事業継承の数々から、継承計画を行うベストなタイミングについてご紹介していきましょう。事業継承を検討している方に役立つ情報が満載となっており、最後には非常に役立つサービスもご紹介しているので、気になる方はぜひご覧になってください。

■薬局の事業継承の最もベストなタイミングとはいつなのか?

薬局の仕事を誰かに任せたいと思う理由は人それぞれではあります。 業績が悪い、年齢的にもう働けない、オーナーとしての事業意欲が湧かないといったように、皆違う理由があります。 薬局の事業継承のタイミングというの上記の理由を感じ始めた時がベストなタイミングではあります。それではそれぞれがベストなタイミングである訳をご紹介していきます。 ・業績が悪い 業績不振に陥っている時は何か大きな転換がなければ、なかなか変えることはできません。これまでに業績が安定しており急に業績が悪化したという人は、今迄以上によく考えてオーナーを仕事を行わなくてはなりません。 これ以上責任ある仕事を抱えるのは肉体的にも精神的にも辛くてもたないと考えるのであれば、事業継承を行う決断をしてみても良い時期だと言えます。 ・年齢的にもう働けない 人は誰もが年を重ねていき、年齢が高まってくると思うように頭も体も動きません。 思考能力の低下に身体的なパフォーマンスの低下によって引退を考える人は多くいます。年齢的にもう働くのが辛いと感じたタイミングも事業継承には適しているでしょう。 ・オーナーとしての事業意欲がない 何か他にやりたい仕事が見つかったのであれば、無理して薬局の仕事を続ける必要もないでしょう。人生はたった1回きりであり、生きられる時間も限られています。 限られた時間を好きな仕事で有効的に過ごしていくためにも、オーナーとしての事業意欲がなくなった時も事業継承に適したタイミングとなります。別の人に事業を託すことで、会社の成長ももたらされるでしょう。 この3つの理由の中でも最も多いとされているのが年齢的にもう働けないと実感する人です。続いての見出しでは事業継承を行うべストな年齢について触れていきます。

■事業継承にベスト年齢はあるのか?

事業継承を行うベストな年齢と言われているのは65〜70歳です。調剤薬局経営者の全国平均年齢というのは60歳前後となっています。どんなオーナーであっても肉体的に働けるまでには頑張ろうと感じる姿が思い浮かびます。 ただ人によっては、肉体的な苦痛を感じる前であるもっと若い頃に事業継承を行えばよかったと言っている人もいます。しかし、事業継承は継承者となる人物を探すことも行わなくてはならないものです。 業界に携わったばかりで経験が少ない、さらには多くの人に顔を覚えてもらえてもらえないようなうちは、事業継承に向いている時期とは言えないのです。それもそのはず継承者を見つけるのは容易ではないからです。実績を積みきちんと信頼できる人でなければ事業継承は失敗に終わることもあります。 経験を重ねる必要があるということは、多くの時間を有します。若ければ若いほどエネルギーはあるもののその分経験値が乏しく、事業継承で残すものがないとも言えてしまうのです。また、60歳前に辞めてしまっては年金を受け取る前となってしまうため、生活の不安を抱える人も多くいます。 会社のブランド力と生活の充実度を維持していくためにも、できる限り長くし薬局のオーナーを続け、限界を迎える前である65〜70歳ほどで事業継承が行えるような計画を立てていくのがおすすめとなっています。

■継承者のベストな年齢は?

事業を継承者に受け渡すタイミングは65〜70歳ほどが良いと分かりましたが、一方で継承者のベストな年齢はいくつなのか気になる人も多いことでしょう。継承者がベストだと思える年齢というのは40代です。 40代ともなれば、ある程度の社会経験から役職を経験したことある人も多いことでしょう。若ければ若いほど仕事に対するエネルギーを持ち、活発的に事業継承に貢献してくれることは期待できますが、ある程度の経験値がなければリーダーシップを発揮して会社を守っていくことも期待できません。 成功と失敗を含めた実績を有し、調剤薬局のビジネスパーソンとして事業を受け継ぐには40代が一番納得できる年齢だと言えるのです。

■事業継承はおおよそ10年計画が理想的

事業承継の計画は一般的に10年かかると言われています。そのため、70歳でオーナーの仕事に区切りを付けたいと考えているのであれば、60歳から計画を立てていく必要があります。 事業継承がなぜこんなにも時間がかかるのかというと、それは後継者を見つけるだけではなく、後継者を教育し株の移転があり、さらには借入金の返済もあるからです。また、事業継承者が自身の子どもになる場合は、自身が60歳であれば子どもはまだ30歳であることも多いです。 30歳で任せるのは不安だと感じている人も多く、10年間は次期継承者としての自覚を持たせたり教育に力を入れたりなど、この10年計画できちんとした事業継承を行うのが次のオーナーでも会社を継続させるポイントです。

■事業継承は3つのタイプがある

続いては事業継承の3つのタイプについてご紹介していきます。 ・親族内継承 親族内継承とは後継者となる人物が経営者の子ども、もしくは身内にあたる人物であることを指します。メリットとしてはまず、経営者の身内という立場から他の役職員や従業員から理解を得やすい点が挙げられます。 そして後継者教育が容易である点も親族内継承の特徴であってメリットとも言えるポイントです。ただし、経営者から指名を受ける人物が必ずしも会社を引き継ぐ意欲を持っていない場合が考えられます。 また、能力においても会社を引き継ぐには十分ではない可能性もあるため、事業継承を計画する以前から継承者がすでに業務に携わっているかそうでないかで継承にかかる時間に大きな違いがあると言えるでしょう。 親族内継承をスムーズに行うためには、後継者が必ず引き継ぐものだとして進めないことです。いきなり1年後に会社の後継者になってほしいと言われても、言われた人物は納得することができない可能性もあるので、引き継いでほしいという意思は事前に連絡しておく方がいいと言えます。 ・親族外継承 親族外継承というのは経営者と親族関係のない人物が後継者になることです。会社の事業内容をよく把握しており、事業の経験が豊富な人物を抜擢することがほとんどなため、教育に時間がかからないのがメリットに挙げられます。 また、社内の従業員に継承されるので組織的にも受け入れられやすいというメリットも考えられますが、ただし後継者候補によっては他の従業員から納得を得られない場合もあります。 ・M&A継承 M&A継承というのは別の会社を買い取ってもらい、経営を継承していく方法になります。メリットとしては親族内継承、親族外継承のどちらにも継承者に当たる人物が見当たらない場合でも会社の継続ができる点が魅力的です。 同業者に買い取ってもらうことがほとんどであるため、業務の流れは大まかに知っており教育の進みも早いです。さらには、企業のブランド力や資金力的にも自社に勝る会社に買い取ってもらえるので従業員の雇用もしっかりと守れることが挙げられます。 デメリットとしては継承先として希望に合致した買収業者がなかなか見つけられないということです。相手が見つからなければいくら事業継承を行いたいと思っていても、M&A継承は行えません。 また、買収企業が見つかったとしても買い取り条件が合わない売却価格にも適さない場合も大変で、場合によっては妥協したM&A継承になることも考えられます。

■継承方法によってもタイミングは少し変わってくる

やり方として3パターンある事業継承ですが、それぞれ継承完了までにかかってくる時間も変わってきます。継承方法による違いを踏まえた上で計画を練ることも大事になり、しっかりとした計画を立てなければタイミングが合わずに先延ばしになることもしばしばです。 さらには「もう少し後でいいか」と先送りしてしまったら、気が付いたら何年経ってしまっていたということも考えられます。ただ、しっかりとした計画と上手い進み具合となれば事業継承の期間が1年未満で済んだというケースもあります。 事業継承の中でも特に一番時間がかかるとされているのが後継者の教育です。「教育さえなければ継承にかかる時間は早かった」と言われるくらい、会社の全てを任せるわけですから教育には力を入れなくてはなりません。 その教育がオーナーとしての心構えや知識だけではなく、業務内容から教えるのであればなおさら時間はかかります。そのため教育に時間がかかりがちな親族内継承は場合によって継承完了までに10年以上かかってしまったということもあります。 事業継承のタイミングが今かも知れないと感じた方は、できる限り早めに計画を立てて進めていきましょう。

■自分にとって一番適している継承方法が分からない場合

事業継承の方法によってメリット・デメリットがあり、先ほどご紹介してきた内容だけ見ても何が自分に合った方法なのか分からないという方も多いことでしょう。 残されたタイムリミットが短い場合には、どの方法が自分に合った継承方法なのか悩んでいる時間も惜んでしまうはずです。困った場合にはM&A継承がおすすめだと言えます。 M&A継承というのは双方の合意が必要になってくるため、一見多くの時間がかかってしまうような方法に思えることでしょう。しかしM&A継承は多くの場合弁護士を利用したり、マッチングサイトを利用したりして、計画以上にスムーズに進むことが多くなっています。 特にマッチングサイトを使用するとなると買収会社の選択が容易になり、マッチングサイトに登録している以上互いが求めている企業条件をに沿った場所を素早く紹介してくれるサービスで非常に助かります。

■薬局のM&A継承ではファーママーケットが役立つ

最後に薬局のM&A継承にて役立つ存在をご紹介していきましょう。薬局のM&A継承には欠かせない存在と言われているファーママーケットは経営技術総合支援企業アテックという企業が運営を行うマッチングサービスです。 1991年に創業して以来、M&A仲介業務にて多くのM&A継承をサポートしてきました。ここ数年経営環境の大きな変化によって、薬局マネジメントというのは高度な技術を要するようになっています。 そのため事業継承を考える世代にとっては従来の経営手段では解決できない問題も多く、これを解消するにはM&Aをサポートする存在が必要だったのです。時代背景によって注目を集めるファーママーケットは売却希望一覧と購入希望一覧といったように見やすいうえに分かりやすいホームページでマッチング機能を利用することができます。 条件も一社一社詳しく出ており、自社に合った企業を見つけやすいのがポイントです。 ぜひホームページを覗いてみてはいかがでしょうか? 自社を掲載することでより一層計画スピードを早めた継承手続きもできるでしょう。 事業継承というのは簡単に終わらせられるものではありません。多くの場合が10年ほどの時間を要するものになっており、後継者に同意を得られなければ計画を進めることすら難しくなっています。 そのため、すでにオーナーとしての役目を背負うのはきついと感じている場合には、一刻も早く事業継承の計画を行っていきましょう。しかしながら普段行う業務と並列して計画を立てるのは、容易ではないはずです。 先延ばしにして考えられていることも多く、なかなか思うように進みはしませせん。事業継承のタイミングを見誤ってしまったと感じたら、タイムリミットが少ないオーナーにもおすすめできるM&A継承にて事業の継続を図りましょう。 M&Aを行う際は買収先を素早く見つけられるファーママーケットの利用が大事になってきます。タイミングを見測るのもご紹介してきた内容を参考にしていってみてください。